menu

私たちはスクール21で県立御三家に合格しました!

  • 県立浦和高校に合格した皆さんの体験記
  • 県立大宮高校に合格した皆さんの体験記
  • 県立浦和第一女子高校に合格した皆さんの体験記

2018年度入試で県立浦和高校に合格した皆さんの体験記

※2018年度入試で県立浦和高校に合格した94人の皆さんの中から一部の体験記を掲載しています。

森谷 太郎さん(植竹中)
「あきらめないことの大切さ」
私にとって入試までの日々は、人生の中でも大切なものの一つになるだろうと思います。 それは入試に向けて勉強する中で、多くのことから「あきらめないことの大切さ」を学ぶことができたからです。
私は最初スクール21の同じ志望校を目指している人と比べて模試の点数も取れず、なぜ自分はあの人たちのように点数が取れないのだろうと悩んだこともありました。 今はなぜ人と比べていたのだろうと思うほどですが、その時は高校に受かることに必死だったので、悩んでいたのだと思います。
そんな中、私はいつもより低い点数を取り、志望する高校をあきらめてしまおうとしたことがありました。 そのとき、スクール21の先生から「皆が応援しているし、他の子も心が折れそうになりながら頑張っているんだ」という言葉をもらい、 まだあきらめるときではないと思いました。あの時あきらめていたら今の私はないと思います。
一番大切なことは何があってもあきらめない事だと学び、入試は自分を成長させてくれました。
中澤 俊達さん(植竹中)
「メリハリがついた授業」
「入試」について考え始めたのは、2年生の春休みでした。「まだ大丈夫だろう」と楽観的に考えていましたが、入塾テストを受け、自分の学力の無さに驚きました。
とても悔しくて、でもそれが自分のやる気になり、合格した今では、あの時に、本当の自分の実力を知れて良かったと思います。 授業では、メリハリがついた授業を受けられて、楽しく、かつ真剣に学ぶことができました。その結果、いろいろな模試でしっかりと結果が出たことがうれしかったです。
もちろん、スランプに入って、成績が伸びなかったこともありました。 その中でも、先生たちは、たくさんアドバイスをしてくれたりクラスの皆と盛り上がったりして、乗り越えられました。「入試」は決して楽ではありませんでした。 ついていけなくなりそうなときも何度もあり、つらかったこともありました。でも、このスクール21で先生と、塾の仲間たちと頑張ってこれたことは僕の誇りです。
短い間だったけれど、とても楽しかったです。ありがとうございました。
M・Mさん(植竹中)
「良い環境と良い先生方と良いテキスト」
私のスクール21での思い出は、授業が楽しかったことです。講師の方々がユーモアあふれる授業をしてくださって、授業へのモチベーションになりました。
また、クラスの雰囲気が良く、メリハリのあるクラスでした。それで一人ひとりが自分の意見を言ったり、分からないところを聞き合ったりすることができました。
私が公立高校に合格したのは、良い環境と良い先生方と良いテキストに恵まれたからだと本当に思います。私はこれから様々な壁にぶつかると思います。 特に大学受験では多大な努力が必要です。そのとき、私は高校受験で培った経験を活かして諦めずに努力をし続けたいです。
匿名希望さん(川越砂中)
「下剋上」
僕がスクール21に入塾したのは、小学生のときでした。当時の僕は、遊ぶことばかりに夢中で、学校の成績でも、最低の評価をもらっていました。
そんな僕が、どうして県立浦和高校のような、偏差値の高い高校に合格することができたのでしょうか?それはやはり、塾という環境のおかげだと思います。
先述のように僕は、遊ぶことが大好きで勉強が大嫌いでした。ですが、塾に入塾したからには、勉強しないわけにはいきません。 この、勉強をせざるを得ない環境が、僕には合っていたようです。
僕はグループ指導をとっていたのですが、入塾したときは、周りの人たち全員が、とても上の存在に思えました。
そこで、「勉強しなきゃ」という危機感が生まれ、入塾したときから考えれば、雲の上の存在であった浦和高校に合格することができました。
I・Oさん(桜木中)
「復習の大切さ」
僕は、中学1年のときから3年間このスクール21に通っていました。最初に通った頃は、数学だけしかできなくて、テストの点数も今より全然低い点数でした。 しかし3年間通って、他の4教科もしっかりできるようになりました。
僕がこのようになれたのは、間違えたところをしっかりと復習することの大切さをここの教室の先生達が教えてくれたからだと思います。
僕は、スクール21に入るまで、復習は面倒くさいと思い、やっていませんでした。 そんな僕に先生は、「テストの点数は今はどうでもいいから、どこを間違えて、そこをどう復習するかを考えよう。」と言ってきました。
今思うと、この先生の言葉は、受験において大切だったと思います。僕は、このことを教えてくれたスクール21に通えてよかったなと思います。
神野 和磨さん(瓦葺中)
「自分なりの工夫」
私がスクール21に入塾したのは、2年生の冬のことでした。 私はそれまで通塾経験がなく、塾になじめるかが不安でしたが、明るく気さくな先生たちのおかげで、塾に行って新しいことを学ぶのが楽しいと思うことができました。
私は抜けている性格で、普段から授業に遅刻することが多く、学校の大事な定期テストでも度々ケアレスミスをしていました。 そこで、私は今までに自分が犯してしまった過ちをメモ帳に書き留め、二度と同じ間違いをしないようにしました。
しかし、それでもケアレスミスを無くすことはできませんでした。 そんなわけで、私は受験生としてのこの一年間、「本番でもミスをして頭が真っ白になってしまうのではないか」ということが不安でたまりませんでした。
しかし、入試直前になると不思議とそんな不安はあまり感じなくなりました。 何故かはわかりませんが、きっと一年間、前にも述べたメモ帳のような自分なりの工夫が自信につながったのだと思います。
和気 祐治さん(土呂中)
「楽しかった塾生活」
僕は中3の夏期講習からスクール21に入りました。 入る前は授業や周りの人についていけるか不安でしたが、去年までスクール21に入っていた兄の勧めもあり、入塾することを決めました。
しかし、入ってみると授業はとてもおもしろく、分かりやすくて塾に行くことが好きになりました。さらに、どの先生も僕達にいつも親切でした。
そのおかげで北辰テストや塾内のテストなどの成績がどんどん上がっていきました。これはスクール21に入ってなければなかったことだと思います。 授業ではただ知識や解き方を教えてくれるだけでなく、勉強への取り組みの姿勢などについても教えてくれ、自主勉強の質も上がりました。
そして先生達の教えてくれたことをもとに努力を続けたら、自分の志望校に合格することができ、本当にうれしかったです。
これから高校に入って、勉強も運動もがんばっていきたいと思います。
佐藤 直輝さん(土合中))
「受験なんて遠い先のことだと思っていた」
僕がスクール21に入ったのは中1の9月でした。その頃は受験なんて遠い先のことだと思っていたし、自分がどの高校に行きたいかなんて全く考えていませんでした。
しかしスクール21に入って、先生方の分かりやすい授業を受け学力が向上するにしたがって、自分の行きたい高校とはどんなところなのか考えられるようになりました。 3年生になって、部活を引退してからは勉強する時間がどんどん増えて、正直辛い時期もありましたが、先生方の励ましもあって頑張ることができました。
本当にここまで僕を支え、引っ張ってくれたスクール21には感謝の気持ちでいっぱいです。また自分の両親にも、感謝の気持ちを伝えたいです。
そういった気持ちも込め、高校生活の3年間を頑張りたいと思います。 今まで本当にありがとうございました。
神田 朋樹さん(与野南中)
「なんで僕が浦高に??」
僕は、初めスクール21に入ったときは、偏差値は45ぐらいで、浦高なんて入れるレベルではありませんでした。そして、浦高を目指そうなんて思いませんでした。
しかし、スクール21の先生方はそんな僕を見捨てず、細かい指導をしてくれました。そのおかげで、成績はどんどん上がり、SUコースに入ることができました。
僕の内申は、あまりいいものとは言えず、入試当日に点をしっかりととれば、合格すると言われて、この1年間、努力を続けました。
受験生になり、本格的に勉強を始め、夏休みに自分のベストを尽くし、勉強に取り組みました。そして、ぐんと成績が上がり、浦高が合格圏に入りました。 入試では自分のベストが出せなかったので、正直、「落ちた亅と思いました。しかし、周りの先生方は僕をなぐさめてくれました。
合格発表では自分の受験番号を見つけることができてとてもうれしかったです。
スクール21の先生方、ありがとうございました。スクール21最高!やったね。
杉永 十吾さん(大久保中)
「下剋上達成!」
私がスクール21に入塾したのは、二年生の夏でした。入塾した当初は、周りがみんな頭が良く見えて、 不安と緊張でっぱいでした。 そのころは、偏差値も全然足りなくて、浦和高校に行こうという気持ちはこれっぽっちもありませんでした。 毎日通っているうちに、勉強の習慣が身についてきていることを感じ、テストの結果も少しずつ良くなっていきました。
また、先生に質問したり、フォロープリントにしっかり取り組み、苦手を埋めていくことができました。 3年生になってますます受験への意識が強くなりました。スクール21の授業では、ポイントに絞って指導して下さるので、とても分かりやすかったです。
夏期講習や冬期講習では、塾にいる時間が一日の半分くらいになることもあって、つらいと感じたこともありました。
当日は悪いイメージを考えないようにして、自分の力を信じて戦うことができました。
最初は無理だと思ったことも、努力すればできると教えてくれたスクール21の先生方、本当にありがとうございました。
トップへ戻る

閉じる