School21小学部

小1・小2・小3ジュニアコース

小4・小5・小6コース

お子様の未来を育むために

スクール21における小学生教育

イメージ

令和の新しい時代を迎え、私たちの生活も大きな転換期を迎えるといわれています。

しかし、これから最も大きな影響を受けるのは、子どもたちかもしれません。
なぜでしょうか。
それは、2020年から、戦後最大、明治以来とも言われる教育の一大変化をもたらす、
学習指導要領の改訂がいよいよスタートしたからです。

2020年にから小学校からスタートした学習指導要領の改訂は、今後さらに
進行する社会のグローバル化・多様化に対応し、激変する未来社会を切り拓いて
いくために、より高い資質・能力を育成することを目的としています。

教育改革の変化の波は、大学入試だけでなく高校入試にも押しよせてきます。
そのため子どもたちは、小学校・中学校時代から、これまでとは異なる新しい
学力観に基づいた問題や学び方に取り組んでいくことになるのです。

これから子どもたちを待ち受けている変化は、予測することの難しい、
わたしたちが得てきた経験や知識だけでは計り知ることのできない、
大きな変化であるといえるでしょう。

スクール21は、激動の時代を生きる子どもたちが今後迎える大きな
変化を見据え、小学生のうちに身につけておきたい力を、
しっかりと養います。そして、中学進学後に成績を飛躍的に伸ばし、
県立御三家をはじめとする難関校への確かな合格力を養成します。

県公立高校入試の改編
~難易度の高い学校選択問題~

イメージ

2020年度(2021年実施)に改編された大学入試。
英語の民間試験利用、国語・数学の記述式問題の導入が先送りされるなど、 大きな物議を醸してた、改革の背景には、今後日本が迎えるかつてない変化を前に、子どもたちがその激動の時代を生き抜いて行くために、 教育改革・入試改革が必要だと判断されたことがあります。

ところで、埼玉県の高校入試ではすでに大きな改革が行われていることはご存じでしょうか?

実は、平成29年度(2017年春)、埼玉県公立高校の入試制度が大きく変更されたのです。
英語と数学の2科目で、一般の学力検査問題と、一部を応用的な問題に差し替えた学校選択問題の
2種類が用意され、高校ごとに選択をして学力検査が実施されました。
より難易度の高い「学校選択問題」を選択した学校は、県全体、あるいはそれぞれの地域で
注目を浴びる、大学進学実績にも秀でた人気校ばかりです。表からもわかるとおり、
ほぼ入試難易度の高い方からの21校となっています。

学校選択問題採用校(数学・英語)2021現在
  • ■県立浦和
  • ■大宮
  • ■浦和ー女
  • ■市立浦和
  • ■川越
  • ■川越女子
  • ■春日部
  • ■熊谷
  • ■熊谷女子
  • ■越谷北
  • ■不動岡
  • ■蕨
  • ■所沢北
  • ■浦和西
  • ■川口北
  • ■熊谷西
  • ■越ヶ谷
  • ■所沢
  • ■和光国際
  • ■川越南
  • ■川口市立(2021年より採用)
イメージ

この変更は、埼玉県教育委員会によると、「受検生一人ひとりにおける基礎的な知識や技能と
ともに、思考カ・判断カ・表現力等の能力を、これまで以上に正確に測定する」ことを目的にしています。
これは、大学入試そして硯在進行している教育改革が巨指す方向性と全く同じです。問題文に示された
条件や、各種資料からわかることを読み取り、適切に判断をして解答するといった、応用力を試す問題に
対してしっかり考えて取り組む力が必要とされるようになったのです。

スクール21では、将来の県立御三家・難関国私立高合格を見据え、
難易度の高い「学校選択問題」をはじめとした入試英語や「思考力、判断力、表現力」を
必要とする応用問題•発展問題に対応するための学習を、小学生のうちからスタートさせます。

■合格目標高校の偏差値一覧(偏差値55以上)
学校選択問題採用校
合格目標高校の偏差値一覧
無料体験学習受付中!
トップへ戻る