最難関県立入試に
圧倒的に強いスクール21には
合格のためのノウハウがあります!
40年超の
信頼と実績
浦高 大宮(理数) 合格に 徹底的に特化した塾が、
南浦和に誕生します!

スクール21の圧倒的な合格実績 スクール21浦高合格専門館 2019夏新開校
お問い合わせ・お申し込み
お問い合わせ・お申し込み
浦高合格専門館新開校記念特別割引キャンペーン
浦高合格専門館新開校記念特別割引キャンペーン
浦高合格専門館新開校記念特別割引キャンペーン 浦高合格専門館新開校記念特別割引キャンペーン 開校説明会&選抜テストを実施いたします 入試完全攻略マニュアル 8月31日 9月7日 9月14日 9月21日 9月28日 10月5日 開校説明会&選抜テスト
お問い合わせ・お申し込み
お問い合わせ・お申し込み
中3生の皆さん、 最難関県立に合格するために 残された6ヶ月間、 どんな勉強をしたらいいのでしょうか? ただひたすら勉強をしたからといって浦高・大宮(理数)といった最難関に合格できるというわけではありません。 勉強の内容・方法・順番によって、合否は大きく変わります。
最後の6ヶ月大逆転作戦
最後の6ヶ月大逆転作戦

浦高や大宮(理数)の合格を手にするなら、まずは中学での全履修範囲を1日でも早く終了させることが重要です。 全てを刻み込んでから、合格のための計画に沿って入試の学習を進めるのが効果的です。 しかし学校の進度に合わせていては、来年の1月や2月にならないと全ての範囲は終了しません。 スクール21浦高合格専門館の速習プログラムでは、夏期講習をつかって全範囲をマスター。 また浦高・大宮(理数)合格に特化したテキストでポイントを絞って勉強できますから、身につく深さが他とは違います。

最後の6ヶ月大逆転作戦

「5科1860段階速効弱点克服態勢」で即、軌道修正します。

だから苦手やその弱点をそのままにせず、常に最短距離を進むことができます。 もし授業で躓いてしまうことがあっても大丈夫。スクール21には中学3年間5科のすべての単元・単位の弱点克服プリントが揃っています。 その数1860段階!「わからない」や「不安」をそのままにしないで即克服できるから、スクール21生は入試に強くなれます。

最後の6ヶ月大逆転作戦

どの時期にどの単元をどれだけやれば合格できるのかが一目瞭然!

過去5000人以上の県立御三家合格者を輩出しているスクール21には、浦高・一女・大宮合格のためのノウハウがぎっしりと蓄積されています。 たとえば中3生の夏期講習はどんな内容をどんな順番でどれだけ勉強すれば合格できるのか。 スクール21には合格のための献立表があります。 スクール21なら、ムリなくムダなくムラなく、最短距離で県立御三家合格へ邁進できます。

最後の6ヶ月大逆転作戦

ライバルの中で順位が分かる県立御三家模試 ※№1は当社調べ

浦高、一女、大宮という県立御三家合格者数No.1のスクール21だからこそできる、県立御三家・難関県公立合格のために必要な問題を抽出した模試です。 全県の県立御三家・難関県公立志願者の中で、自分の立ち位置はどのあたりなのか、どういった問題ができて、どのような問題ができなかったのか。 ライバルはそれらの問題を得意にしているのか苦手にしているのか。スクール21の「県立御三家公開模試」を受験すれば、そうした様々な疑問を解消できるだけでなく、何より県立御三家・難関県公立合格のために今後の学習をどうすればいいのかが、明確になります。

最後の6ヶ月大逆転作戦 最後の6ヶ月大逆転作戦

合否を分ける問題で、確実に得点するために!

最後の6ヶ月大逆転作戦 御三家合格には、基本的な問題だけでなく、合否を分ける難問を正解する力が必要です。 たとえば、正答率90%の問題で正解できても、ライバルにあまり差をつけられません。 逆に正答率30%未満の問題でしっかりと正解を積み重ねられれば、自ずと県立御三家合格の可能性が高まっていきます。 この正答率30%未満の問題こそが、いわゆる「県立御三家で合否を分ける問題」なのです。 スクール21では12月までにすべての単元を学習し終え、最後の段階で県立御三家受験者を対象に「ここで差がつくこの一問テスト」を実施しています。 このテストは5教科の「県立御三家で合否を分ける問題」を総まとめしてあります。 数時間にも及ぶ徹底したチェックテストによって学力定着状況を精密に分析し、弱点箇所に合わせたピンポイントの弱点克服プリントで一人ひとりに最適なフォローを実施しています。 受験直前期の集中的な効率特訓によって、スクール21生は合否を分ける問題の解決を身につけることが出来るので、入試を有利に戦えるのです。

得点力を飛躍的にアップさせる添削指導

国語の記述、作文、そして英語の記述に関しては、問題集や参考書の独学では得点力が身につきません。 また通り一遍の添削でも、結局同じミスを繰り返すだけ、になりかねません。 スクール21の添削はツボを押さえた指導で、完全答案の書き方をマスターしていきます。

情報線を制す者は入試を制す!

県下屈指の入試情報力を持つスクール21には、県立最難関の入試情報が日々大量に集積しています。 また過去5000人以上の御三家受験者のデータも完備していますから、どの時期のどれだけの学力が必要かを熟知しています。 だから塾生は入試に不安になることなく、安心して目の前の学習に専念できます。

5教科、週4日~5日、たっぷり時間をかけて、とことん伸ばします!

学習の効果は「学習の質?学習の時間数」です。御三家合格に特化したカリキュラムやオリジナルテキストなど「学習の質」を高める一方で、スクール21はたっぷり時間をかけて受験生の学力をとことん伸ばしていきます。 中3生には5教科を週4日、2学期以降は週5日かけて授業を行います。 さらに授業日以外にも自習室を開放していますので、毎日塾に来て勉強することが出来ます。質と量にこだわっているからこそ、スクール21生は圧倒的に入試に強くなれるのです。

最後の6ヶ月大逆転作戦

入試になれるためのリハーサルテスト!

入試本番で力が発揮できるかどうかの要因の一つに、「慣れ」があります。 入試に慣れている生徒と慣れていない生徒では、圧倒的に慣れている生徒が有利です。 ですから県立御三家を狙う生徒は、事前に私立入試で「入試」というものに慣れておくことが求められます。 しかし入試の慣れは、それだけではありません。たとえば入試問題そのものにも、慣れている生徒とそうでない生徒との間に差が生まれます。 スクール21では10月以降に県公立入試に準拠した学力判定模試を実施しますが、この模試は別名「県公立そっくり模試」と呼ばれています。 というのもこの模試は、実際の県公立入試と同じ体裁になっており、出題傾向に合わせた同じ問題数・同じ難易度で作成されているからです。 こうした「入試慣れ」ができているかどうかも、入試本番の強さに直結しています。

最後の6ヶ月大逆転作戦
電話番号
電話番号
お問い合わせ・お申し込み
トップへ戻る